2017年4月18日火曜日

鶏卵紙作り-卵白液-

今日は、卵白液(albumen)を作ってみました。

卵
買ったばかりの卵(10個)です。

卵白液
1個割るのに失敗したので9個分の卵白液です。
殻と胚は完全に取り除く。

卵白計量
 9個分の卵白で291gでした。

塩の計量
 卵白液に対して3%の塩(8g)

精製水計量
 3%の精製水(8g)に塩と酢(1,2滴)を混ぜて卵白液に加える。

その後、卵白液を撹拌。

 約30分撹拌した時の写真。
メレンゲ状にして、その後ラップして冷蔵庫で一晩寝かせます。

今日はここまで!
約一時間で終了!

2017年4月15日土曜日

写真展をやろう!フォトウォーク1回目撮影会

Knulp初の企画

写真展をやろう!フォトウォーク


第1回目の撮影会が4月15日に行われました。
天気にも恵まれて良い撮影日和となりました!
メンバーは3名。
全員揃ったのは初めて、小石川後楽園入口に10時集合してから撮影開始です。


入口すぐのしだれ桜、僅かに花が残っていました。
桜のシーズンが済んですぐだったので人は多くなく、ゆったりと撮影が出来そうです。

メンバー全員でまずは園内を一周。

ソメイヨシノは葉桜、新緑が奇麗です。

桜の花びら

1時間10分くらい掛かってメンバーで一周。
その後、12時まで各自撮影タイム。


メンバー各自、気になった場所に移動して撮影しました。

 入口で集合写真撮影

撮影終了後は、全員で昼食。
ギャラリーに移動して、ミーティング(ほとんど雑談?)。
16時過ぎに解散しました。

次回は7月末に行います。

2017年4月3日月曜日

満石豊写真展「走り続けるキューバ」

4月1日から
満石豊写真展「走り続けるキューバ」が始まっております。

ちょうどフィデェル・カストロが亡くなり服喪期間に行く機会を得ての写真。
モノクロ作品24点が展示されています。

今までのキューバの写真とは、ちょっと趣の違う写真展になっています。

キューバと言うと、
  • 古い車
  • カラフルな町並み
  • 路上で音楽を奏でる人々
  • 日本人から見ると、苦しい生活。にもかかわらず笑顔の人々
こんな感じのイメージがあるのですが、満石豊写真展「走り続けるキューバ」で描かれている写真はそうではない、キューバの日常の素朴なシーンを淡々と丁寧に捉えています。

ぜひ、この作品を見て何かを感じて頂けると嬉しく思います。

4月9日(日)までの会期。
開場時間は、11:00-19:00(但し、最終日9日は17時まで)
会場:ぎゃらりーKnulp(文京区千駄木3-43-10-2階)
最寄り駅:メトロ千代田線・千駄木駅。JR西日暮里駅または日暮里駅。


2017年3月29日水曜日

鶏卵紙プリント -3-

3回目の鶏卵紙プリント

前回と同様... 用紙は、PGIで購入した。
プレミアムアルビュメンペーパー 60x120cm ロール

硝酸銀はロッド方式で2回塗布。

結果は...



予想よりいい感じに仕上がりました。

ピントはちょっと甘い気もするけれど、こんなものかな?
鶏卵紙のコーティングが剥げたのか、何カ所か小さな黒点があります。
さほど気にならないレベルなので、ハンドメイドの味と言う事で。


気になる所と言えば、ハイライト部が濁っている事。
露光時間を短くすれば改善出来そうですが、多分そうするとシャドウ部の締まりが無くなりそう。

コーティングの回数を増やすと調子が硬くなるのかな?

前回の注意点からの改善・結果
  1. 風で倒れないように平置きで行う。→ 風で倒れない場所でやりました。
  2. 写真でやってみる。→ 上手く行きました!
次回は、
  1. 露光時間短めで、コーティング回数を増やす。
【本日のDate】
曇り空
25~35mW/cm2
60分露光

2017年3月24日金曜日

鶏卵紙プリント -2-

2回目の鶏卵紙プリント

前回と同様... 用紙は、PGIで購入した。
プレミアムアルビュメンペーパー 60x120cm ロール

硝酸銀はロッド方式で2回塗布。

結果は...


密着うまく行って、ピント合っています。

今回は額をそのまま使用して行いましたが、こちらの方がしっかりと密着。
この方式で今後もやっていこうと思います。


若干、まだムラがありますが、前回に比べてかなり良くなっています。
これならハンドメイドらしさ...とも取れるレベルなのでO.K.です。

まだ先は長そうかと思ったのですが、これなら次回はチャートではなく、写真を使って行おうと思います。

前回の注意点からの改善・結果
  1. 額を使ってプリントしてみる。→ うまく行きピント合いました。
  2. ビニール手袋をはめる。→ 手が黒くならずに済みました。
  3. もう少し余裕を持って薬品を使う。 → 薬品の量は、そのままですが、コーティング回数を増やしました。(1回3往復、計6往復)
次回は、
  1. 風で倒れないように平置きで行う。
  2. 写真でやってみる。
【本日のDate】
曇り空
10〜23mW/cm2
80分露光

2017年3月20日月曜日

湯浅ちひろ展「砂漠生活-オパールを探して」

湯浅ちひろ展「砂漠生活-オパールを探して」

本日、無事に終了しました。

ご来場の皆様ありがとうございました。
作家の湯浅さん、お疲れさまでした。

今回の展示作品の撮影場所は、オーストラリア連邦にあるクーバーペディーという町。


オーストラリア大陸の中央やや南に位置する砂漠地帯。
オパールの産地で有名な町。
そこで約一年間生活をしながら撮影されたドキュメンタリー作品です。


初日の15日は生憎の天気でしたが、それ以外は天気も良く春らしい気温の日もあり、散策には丁度良い天候の日々でした。


 18日(土曜日)には、林さん司会進行で作家トーク。






楽しいひと時を過ごせました。
ご参加の皆様、林さんありがとうございました!

会期中、天候にも恵まれ、沢山の来場者があり嬉しい限り、来場者の方も普段目にしないオーストラリアの景色を楽しまれていました。
作品以外にも、湯浅さん自らが採掘したオパールも展示・販売しました。



ギャラリーの看板をたまたま目にして、来場されたオパール好きの方。
3回も来場されて、喜んで買って行かれました。

あっという間の一週間でした。
湯浅さん、お疲れさまでした!


展示会場のパノラマ写真は、こちら!Click!

2017年3月13日月曜日

フィルムデジタル化サービス

ギャラリーサービスの一環として行っております。

フィルムデジタル化サービス

ギャラリー利用者以外もご利用頂けます!

今回は、35mmのモノクロネガ、カラーネガからのご注文です。
2400万画素の高解像度でデジタルデータ化しています。
当ギャラリーのレンタルフレームはワイド四切用ですが、余裕でワイド四切まで引き伸せます。

ネガフィルムから写真展示まで1カット当たり(35mmフィルムの場合)、
フィルムデジタル化サービス→1,500円
インクジェット出力サービス→1,000円 (通常1,200円)
公募展出展料→5,000円
-------------------------------------
合計:7,500円で展示出来ます。

5月に開催の公募展

第41回公募展「レトロ」

等への参加は如何ですか。

フィルムデジタル化サービスは、傷の修正及び部分的な濃度調整・色調整も行っております。
ブロニーフィルムや4x5フィルムも出来ますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

詳細はWEBサイトをご覧下さい。